Plusui 原点は水。保湿を超えた「保水」へ 水とスキンケア プラスイ

plusui BLOG

化粧品が届かない 皮膚の内側から潤う3つの体質改善策

年齢による見た目の加齢は女性の永遠のテーマ。 実はその見た目年齢に大きくかかわるのが、肌の保湿力です。 お肌は乾燥することで、シワ・シミ・たるみ・毛穴の開きなどの肌トラブルにつながります。 若く見えるお肌の為に保湿が大切ですね。 化粧品に頼らない乾燥肌の体質改善をご紹介します。
    【目次】
  • 1,食べ物の見直し
  • 2,入浴方法
  • 3,適度な運動
  • まとめ

食べ物の見直し

食べたほうがいい食品

納豆・卵 たんぱく質が角質細胞を作り、ターンオーバーも整えてくれます。 いわし・マグロの赤身 こちらもたんぱく質が豊富で生き生きしたお肌作りに効果的です。 パプリカ ピーマンに比べビタミンCが豊富。 ビタミンCはコラーゲンの生成を助けたり、抗酸化作用があります。 乳製品・緑黄食野菜・わかめ ビタミンAが皮膚の潤いを保持してくれます。

摂り過ぎに注意する食品

ファーストフード ファーストフードは塩分が高いので、体内の水分量を減らしてしますことも考えられます。 アルコール・カフェイン(コーヒー・紅茶) アルコールやコーヒー・紅茶も利尿作用があるので、摂り過ぎると水分不足になります。 お付き合いで、飲む機会が増えるときは水分補給をしながら飲むと体にも残りにくく、体内乾燥も防げます。

入浴方法の改善

朝、熱めのお湯で顔を洗う

熱すぎるお湯につからない 熱すぎるお湯につかると肌から水分が逃げてしまいます。42度くらいのお湯にゆったり浸かるのが理想的。 湯船にお湯をためる際に、風呂蓋を開けておくと浴室が温かくなり、湯船から出た時のひやっとかが軽減されます。 入浴後はすぐ保湿 入浴後は毛穴が開き、入浴前よりも乾燥しやすい状態になっています。 お肌の水分量が一番高くなる入浴後から、保湿をせずにいると過乾燥というお肌が渇きやすい状態になります。 入浴後は出来るだけすぐ、遅くても10分以内にはスキンケアをしましょう。

適度な運動

なかなかできないのが運動。まずは緩く長く続くことを試してみましょう。 いつもより一駅前で降りて歩いてみる、帰宅後一日30分だけ歩く。 汗をかくことで、お肌が潤い、血行が良くなることで肌の代謝が上がります。

まとめ

乾燥対策は、たっぷり化粧品をつけるなど外側に意識がいきがちですが、内側からの体質改善も生き生きとしたお肌に欠かせません。 ストイックに摂っていくというよりは、お肌に良いものを意識しながら、バランスの良い食事を心がけるのが大切ですね。

ページ上部へ戻る