Plusui 原点は水。保湿を超えた「保水」へ 水とスキンケア プラスイ

plusui BLOG

夏のすっきり髪の洗い方

夏の頭皮のお悩みありますよね。 

・汗や湿気でべたつく

・臭いやかゆみが気になる

・洗ってもすっきりした感じがしない

1日2回洗ったり、ごしごし洗っているのにべたつきを感じる方も。

それは過剰に洗いすぎた頭皮を乾燥から守ろうとして皮脂が多く分泌されることが原因かもしれません。

洗髪は回数よりも質。

一回の洗髪で正しく洗うことが大切ですよ。

驚きなのが洗髪はシャンプー前の過程が7割と言われています。

必要なうるおいは残して汚れをしっかり落としましょう。

 

 【洗髪方法】

①シャンプー前に生え際から後ろにかけてブラッシングします。ブラッシングによって髪や頭皮に付着した汚れ・皮脂が浮いてきます。髪のもつれをとくことで洗髪中に髪や頭皮に負担がかかるのも防ぎますよ。

目が細かいコームだと髪を傷めるのでブラシがない場合は手の指でとかしてくださいね。

髪を洗うイメージ,シャンプー,洗髪,ダメージケア

②1分間予洗いをします。まずお湯で頭皮までしっかりとすすぎましょう。

美容院に行くとシャンプー前に丁寧に洗ってくれますね。

あれは髪を濡らしているのではなく頭皮と髪の毛の表面上の汚れを落し、シャンプーの泡立ちをよくするため。

しっかり泡立てることで汚れが落ちやすくなりますよ。

頭皮に指の腹をあてて小さな弧を描くように皮脂を落とします。

洗っているときのお湯の温度は髪に負担のかからない38~40度くらいがベスト。

 ③手のひらにシャンプーを広げてなじませます。ここで泡を作る必要はありません。シャンプー剤を頭皮全体にまんべんなく塗布するための準備です。

④頭皮全体にシャンプー剤を馴染ませながら泡立てます。髪の毛ではなく頭皮につけてくださいね。ここでも指の腹で弧を描くように優しく。指を広げて空気を含ませていくと泡立ってきます。

⑤洗い流す。全体がまんべんなく洗えたらしっかりと流します。髪の生え際や耳の裏側に泡が残らないように丁寧に洗い流していきます。

洗髪後シャンプーを流す前に、顔を下に向けて首の付け根から頭頂部へブラッシングすると血行促進にいいらしいですよ♪いつもの流れと反対にブラシを動かすイメージです。

美容師をしていた祖母の代からの習慣です。このおかげなのか祖母も母も50代まで白髪が目立たず、ずっと髪の毛がふさふさです。

 

夏のお肌をケアするように髪と地肌の健康も育てていきましょう。

ページ上部へ戻る